Principal Message

Principal Message

皆様、こんにちは。校長の木本でございます。本校のホームページにアクセスしていただき、誠にありがとうございます。

本校は本年度、創立111周年を迎えます。1が続く記念の年に合わせ、

 令和元年(一年)、
  一致団結、第一目標達成

 一人が、一つ、一番に

を掲げ、一人一人の生徒が「高校生活の充実感」と「目標達成の満足感」を得られる学校を目指し尽力して参りますので、よろしくお願いいたします。

1 県下に誇る歴史と伝統そして未来への挑戦
本校は明治41年に設立され、本年度創立 1 1 1 周年を迎える歴史と伝統のある普通科・英語科を有する高等学校です。「誠実・叡知・気魄」の校訓を連綿と引継ぎ、2万4千人有余の卒業生の皆さんが全国の各界・各層で活躍されています。これからも本校は、新たな挑戦を続けながら努力していきます。

2 キャリア教育優良校ならではの安定した進学実績
キャリア教育優良校の文部科学大臣表彰を受けた「NEWセサミプラン」により、生徒は自己の目標を高く掲げ努力し、教師が一丸となってサポートする体勢が整っています。その成果として、東京大学など国公立大学に約 100名、早稲田大学などの私立大学に700名以上の合格実績を出しています。

3 カナダ修学旅行、久高祭、体育祭など、楽しくそして充実した学校生活
人間力を育成する学校行事や県大会・九州大会出場を果たす部活動など、深い知性・教養とともに、思いやりの心を持ち、身体を鍛え旺盛な精神力を培う真の「文武両道」を追い求めています。

4 筑後地区唯一の英語科ならではの魅力溢れる教育活動
海外研修、イングリッシュキャンプ、ALT2名、長期留学生など、英語科独自の多くの恵まれた学習環境を生かし、生徒は英語の実践的能力を楽しく身につけています。生徒の9割以上が英検2級を取得し、TOEIC800点の英語力(企業が大卒者に求める力は565点)を有する生徒も出ています。全体の8割を超える生徒が国公立大学へ、また関東関西の私立大学へも進学するなど、自己の力を十分に発揮し各自の目標を達成しています。

「仲間とともに限界突破」に挑みたい皆さん、是非とも久留米高校に来て、夢への第一歩を歩み出してください。
学校長  木本 和宏   



平成31年度 教育目標・方針および本年度の重点目標


本校の教育目標

国家及び社会の有為な形成者として知育・徳育・体育の調和のとれた心身ともに健全な人間を育成する。
このため、文武両道の高校生活を通じて、生徒の知性を育て、豊かな情操を養い、心身を鍛え、自律的な態度や規範意識の涵養を図る。

この認識のもとに、次の(1)~(6)の達成を図る。
(1)校訓である誠実・叡智・気魄の下で清新な校風づくりに努める。
(2)個性を尊重し、自主・自立の精神を養成する。
(3)基本的な生活態度及び基礎的な学力の充実を図る。
(4)社会への貢献意識や感謝の心及び人権意識を育てる。
(5)望ましい集団活動を通して心身の調和と自己を生かす能力を養う。
(6)日本人として国際社会に生きる資質を育成する。


教育方針

「志をもって意欲的に学び、自律心と思いやりの心をもつ、たくましい生徒」の育成
(1)生徒一人一人に行き届いた教育を行う。(個別指導と学ぶ意欲の喚起)
(2)「鍛えて、ほめる」ことによって、生徒の持っている可能性を最大限に伸ばす。
(自尊感情を高めての自己実現と向上心やチャレンジ精神、勤勉性の育成)
(3)生徒に学力をつけ、進路の実現を図る。(志の育成と進路実現)
(4)生徒の基本的生活習慣を確立する。(忍耐力・気力・体力の育成)
(5)生徒の規範意識やマナーの向上を図る。(規範意識の涵養)
(6)人権尊重の精神及び道徳心を涵養し他者の個性や生き方を尊重することで、いじめを許さない望ましい学校風土を醸成する。(自律心と思いやりの心)


重点目標

(1)校訓「誠実・叡智・気魄」の精神を実現するための資質・能力の育成
ア 自尊感情や意欲などの主体性に関わる資質(気魄を持ち踏み出す力)の育成
イ 勤勉性や自己を律する心などの実行力に関わる資質(叡智を目指し継続する力)の育成
ウ 協働性や責任感などの社会性に関わる資質(誠実に人と関わる力)の育成

(2)学力の向上と第一希望進路の実現
ア 学年・教科・部活動・生徒会等の各担当者が一体となって、自律した学習と生活を身につけさせる
イ 授業と行事を関連付けることで、思考力・判断力・表現力を含めた幅広い学力の向上を図る
ウ NEWセサミプランの工夫・改善を進め、志をさらに高く持たせ、第一希望進路の実現を図る

(3)未来を切り拓く人材の育成と地域振興の核となる新たな学校づくりの推進
ア 様々な体験活動により主体性及び人間関係力を培い、国際社会に貢献する人材を育成する
イ 「教え込む・与える・指示する」から「支える・引き出す・促す」そして「自立させる」指導へ改善・発展させる
ウ 利他の精神を身につけさせるとともに、地域社会に開かれ、地域と連携した学校づくりを推進する


本校のビジョン

目指す学校像 校訓の下、チャレンジ精神に満ちた明るく元気な学校
(1)NEWセサミプランを基盤として、生徒の生きる力を育成する学校
(2)英語科教育活動を推進し、成果を生かし国際理解を進める学校
(3)良き伝統を守り、環境の保全や美化に努める学校

目指す生徒像 未来を拓く、心豊かでたくましい生徒
(1)自他を思いやり、前向きに・誠実に生きる生徒(誠実)
(2)物事の本質を見通す知性・教養を身に付けた生徒(叡智)
(3)正しい判断力と強い意志を持った心身ともに逞しい生徒(気魄)





© KURUME High School All Rights Reserved.